情報誌とWebを連動させた商品選択ナビゲータマガジン Webを活用した「売れる仕組み」作り~

情報誌とWebを連動させた商品選択ナビゲータマガジン

食品をはじめとする商品に関する情報はネットを含めさまざまなところに氾濫しています。また、地方の小さな名産品でも楽天などECで購入できるところが多くなりました。

しかし、自分が詳しくない商品分野について、どのような価格帯だと十分に安いのか、高いけれどももらった人が喜ぶブランドはどこなのか、いま話題になっている旬の商品は何かなど各分野について整理した情報を得られる情報源はなかなかありません。

ネットには断片的な情報があちこちにあるだけで、雑誌などの特集がうまくみつかればいいですが、ほしいときにちょうどいい特集が雑誌でやっているとは限りません。

また、旬の商品についての情報というのは多くの人にとって、興味深いおもしろい情報であり、暇つぶしも兼ねて雑誌やフリーペーパーで扱うのに適した内容です。

navigator.jpg

navigator2.jpg

サービス内容

まずは、食品に対象を限定して、お菓子・地方名産品・酒などの各商品分野ごとに商品情報を整理して、Webと情報誌それぞれの特性を生かした展開を行います。

Web:  

  • ・蓄積型メディアとしての特性を生かして、商品分野ごとに、「商品購入の選択基準や分類」、「代表的な商品の紹介
  • ・「カテゴリ分類分け」からメディア掲載情報などを掲載。いつでも、そこにアクセスすると判断基準となる知識が得られる媒体

情報誌: 

  • ・書店というコンタクトポイントにてユーザに露出し、いま旬な商品情報のみを地方名産品なども多数掲載
  • ・何かおいしいものないかなと思ったとき、お歳暮お中元に何を送ろうかなとおもったとき、単に暇つぶしに何か読みたいときに読んでもらう媒体で、Webサイトの認知促進手段としても機能

サービスコンセプト

  • ・幅広い商品ジャンルをカバーする、商品選択のナビゲーター
  • ・自分が詳しくないジャンルの商品を購入するときに、まずは見てみるサービス
  • ・本サービスページは、商品選択の選択基準や分類分け、代表的な商品の紹介などベースとなる情報が掲載されているものであり、雑誌などの特集と中身を競うものではなく、より詳しい情報はむしろ各種メディアでの掲載情報をいろいろ用意して、メディアとECサイトとの間をつなぐサービス
  • ・それぞれの商品が購入できるECサイトへリンクが貼られ簡単に購入までも

ユーザシナリオ

商品選択のための情報を求めてくるユーザ :

たとえば、お歳暮で、和菓子が好き な人に、なにかいいところのおいしい和菓子を選びたいという人が、本サービスをアクセスして季節柄から合う和菓子、定番の有名店を知り、たとえば楽天にて購入


メディアに刺激されてより詳しい情報を求めてくるユーザ :

たとえば、しばらく前の“saita”の特集にのっていた、低カロリーだけど栄養バランスがとれていて味もいいという食品はどこで買えるのか、もうすこしその食品の詳しい情報や似たような食品はほかにないかを本サービスにて調べて、納得して、Yahooにて購入