次世代の情報ポータル Webを活用した「売れる仕組み」作り~

次世代の情報ポータル

~どこでどのようなことが話題になっているかがわかるサイト~

検索エンジンからニュースやコンテンツなどが集まった「ポータル」ができ、膨大な数のブログをみなが書くようになって、ブログやSNSなどのCGMの検索もできるようになってきています。

ブログやSNSなどが検索できるとおもしろいものですが、それらがおもしろいのは、

  • 多くの人が関心をもつ (=> 友達との話題のネタにもなる)
  • 「こと」:  対象としての「人・会社・サービス・商品」、対象が行う行為である「イベント・事件」

がどのようにメディアに取り上げられていたり、どのように人々に話題になっているのかが、関連する話題・テーマに関して、タグやキーワードでつながっていて、次々と読んでいって知ることができるからだと思います

「ニュース」とは、「どこでどのようなことが話題になっているか」ということを整理してコンテンツにしたもの、そのものです。

「タグでつながるCGMのポータルサイト」は、「ニュース」「ブログ」「Web」を下記のように整理したものとすると、「どこでどのようなことが話題になっているか」がわかるサイトとなり、
    ただ読んでいってもおもしろく、大きなトラフィックを獲得でき
    一部の分野に限定して情報を整理する機能をASP提供することもでき
    マーケティングツールとしても価値をもたせることができるようになります

tag_cgm1.jpg
tag_cgm2.jpg

サービス内容

・ニュースサイト、ブログ、Webページ、動画サイトをロボット巡回してページ収集

・収集したページは、カテゴリ分類して格納

・カテゴリは、大きく2つに分類
  1) ニュースと同様の、最近話題となっている事件・イベントなどの出来事の分野ごとの分類
  2) 出来事の関係者・対象である「人物」「「商品・サービス」「企業」などの分野ごとの分類

・カテゴリは基本的に人手による設定。基本的に固定の大カテゴリなどと、最近の話題に対応
 して追加・削除してゆくカテゴリから構成

・収集したページをカテゴリに分類するロジックも、カテゴリ追加時に人手にて設定

・各カテゴリページは、関連するニュースの一覧、ブログ・動画・Webページの一覧から構成
 (人物・商品・企業などのカテゴリは、Wikipediaの定義も)

・ニュースの一覧、ブログの一覧などにおいては、主要ニュース・ブログについては、抜粋も表示。
 抜粋の文章の中に、ほかのカテゴリ名が含まれている場合には、そのカテゴリへのリンクを付与
 また、ブログ・動画については、タグつながりでもほかのカテゴリへのリンクを付与する