SWOT分析 ~オンラインマーケティング Webを活用した「売れる仕組み」作り~

オンラインマーケティング ~Webを活用した「売れる仕組み」作り~

SWOT分析

SWOT分析とは、経営環境を内部環境と外部環境に区分し、内部環境として自社の強み(Strength)と弱み(Weakness)、外部環境として機会(Opportunity)と脅威(Threat)を明らかにする分析です。

swot.jpg

内部環境の分析から強みと弱みを明らかにし、これを客観的に評価し、外部環境の分析結果である機会と脅威と結びつけていきます。この分析により、
 1. 自社の強みを最大限に発揮できる機会の発見
 2. 自社の弱みを修正し脅威を回避できる機会の発見
をしてゆこうというものです。

また、内部環境や外部環境の分析視点としてよくあげられるものとして以下のようなものがあります。

内部環境

1. マーケティング力
2. 技術・生産能力
3. 研究開発力
4. 購買力
5. 財務力
6. 人材・組織力など

外部環境

ミクロ環境
1. 市場 (購買力と欲求を持つ消費者)
2. 競合他社(市場の需要をめぐる競争相手)
3. 協力業者(原材料や製品の供給をしてくれるパートナ)
4. 中間媒介業者(流通業者など)

マクロ環境
1. 人口統計学的環境
2. 経済環境
3. 技術環境
4. 政治・法律環境
5. 社会・文化環境
6. 自然環境

ミクロ環境とは、想定している事業における顧客層、競合他社、パートナなどの身近な具体的な外部環境であり、マクロ環境とは統計白書のようなもので対象とする層の人口や端末数などの規模をおさえたり、想定している事業に関係する法律や制度などの変更の可能性の確認などを行うことを指します。