マーケティングの4C ~オンラインマーケティング Webを活用した「売れる仕組み」作り~

オンラインマーケティング ~Webを活用した「売れる仕組み」作り~

マーケティングの4C

マーケティングの4C
企業の経済活動を分析する視点として、顧客(Cusomer)、自社(Company)、競合(Competitor)の3者について把握することが必要だということで、マーケティングの3Cといわれてきました。

近年では、企業がその競争優位性を高めることを目的に自前主義を捨てて、各種の取引業者を戦略的パートナーとして位置づけ、積極的に自社のビジネス・プロセスに組み入れるようになってきたところもあり、パートナ(協力者)を合わせて4Cということが増えてきています。

ただし、この4C分析というのは、ある程度は分野を絞らない限り、顧客も規定できませんし、競合も決めることができませんので、ある程度の狙いをつけた上で商品企画をした上で、より詳細な分析を行い、その分析結果から商品企画を練り直す必要性が出た場合には、再度、練り直した商品企画に基づいて分析を行い直すという仮説検証の繰り返しを行うことになります。

・顧客分析
   既存商品があれば既存商品の顧客の属性・嗜好などの分析
   想定商品のターゲット顧客層のボリュームの分析
   想定商品のターゲット顧客層の嗜好などの分析

・自社資源分析
   想定商品の開発、製造、販売における自社資源の分析と優位性の確認
   想定商品に関連する自社資源のブランド資源の分析

・競合分析
   想定商品の競合商品の分析